幌延、北海道を「核のゴミ」最終処分地にしない!

2000年度からスタートした幌延深地層研究計画は、研究期間を20年程度としており、幌延町は、北海道、日本原子力研究開発機構と放射性物質は持ち込まない、終了後は、埋め戻すとする「三者協定」を締結しています。

7月28日、幌延町に対し「三者協定」に基づき、研究の終了時期と終了後の施設解体、埋め戻し計画を早急に明らかにするよう日本原子力研究開発機構に求めること、幌延、北海道を「核のゴミ」の最終処分地としないよう、国に対し要請を行うことを強く求める要望を生活クラブ運動グループで行いました。

7月28日、幌延町長に手渡しました。